2017年4月 〜ニコニコ超会議2017に行きました。〜

5月になってしまいましたが4月のブログです。
3月のも今日更新したぐらいですし。


今月広告した動画は2つだけです。
 
今月、広告チケットたくさんあったのにほぼ使わずに無駄になってしまいました…。
4月が忙しかったせいだ…。


ニコニコ超会議2017に行ってきました!
一昨年超会議2015に行った時の感想を書いていたので、同じように今年も書こうと思います。

僕の超会議歴は、2015の1日目が初参加で、2016は忙しい時期だったので現地には行かず2日間パソコンに張り付いて家でニコ生見てました。
一昨年はボマスとボカニコメインで他は全体的にブラブラしてて、去年はボカニコ見つつカレーに差し入れしつつ超人工生命見てました。
今年も一昨年とあまり変わらずボマスとボカニコ目的がメインでした。

 

住んでる場所が一昨年とは変わったので前日の夜に夜行バスで向かいました。

優先入場券を事前に二日分購入済みで、1日目はバス降りてすぐに会場に向かって、7時50分ぐらいに列の最後尾に着きました。
一昨年と変わらずだったので道に迷ったりとかは全くなかったです。一昨年の「会場で買う食べ物/飲み物は高い」という反省を生かして海浜幕張駅のコンビニでおにぎりとペットボトル買って行きました。
あと、1泊するための荷物も持っていたのでどこかコインロッカーに預けたいなーと思い。
海浜幕張駅のコインロッカーは数が少ないので既に埋まってました…。幕張メッセの外のとこのコインロッカーはかなり空いてました。300円。
会場入ってから2F通路(まるなげストリートのとこ)にもコインロッカーありました。会場入る前に手放したかったので外で良かったなと思いましたが、来年以降の参考に。

 

列で2時間ぐらい待ってる間の暇つぶしとしてタブレット端末にアマゾンプライムの映画入れて持って行ってたんですが、なんか電源入らなくて見れませんでした…。
仕方なくぼーっと並んでました。
タイミングなのか、中曽根OFFは見えませんでした。なんか遠くの方で音は聞こえたんですけど。

開場後の作戦として、まずマックのブースでマックフルーリーの整理券をゲット。
それから荷物を入れるために、今年あるのか分かりませんでしたが一昨年はとても重宝した、JOYSOUNDブースの赤い手提げカバンもゲット。
その後ボマスに向かい売り切れたり列が長くなる前に目当てのCDをゲットという感じでした。 無事作戦通りに行きました。JOYSOUNDブースは一昨年と同じで入口すぐにあるものだと思っていて特に確認していなかったら、HALL4にあったので若干探しました。でもちゃんと手提げカバン配ってました。

時系列で書いたら2日間あって面倒なので以下、ブースで分けて書きますね。

 

まずボマス!
2日間通して全部で25,600円使いました。 まず1日目のボマス。

羽生まゐごさんはサンキュー虚無感という曲で知った方。なんとなく女性っぽい(男性だというのは知ってました)方かと思ってたらバリバリ男性でした。
触媒ファントムガールさんは画集+CDになってるものと旧譜と。

このツイート主に触媒ファントムガールさんのことで、旧譜が他にも何枚かあったんですけど、ネオテニーラヴという曲が好きだったので「ネオテニーラヴが好きなんですけどどれに入ってます?」「これにありますよー」って感じで。お話できるの嬉しいですね。
koyoriさんのはあんま調べてなくて分からなくて、前略Pさんとかと一緒のブースだったので「koyoriさんの全部ください」という買い方をしました(笑)
ナナヲアカリさんはブース出してるのは知ってたものの何を頒布するのか見てなかったのでとりあえず新譜を買おうかなと。2曲入り×3枚(1曲は共通で2曲目が違う)って形式で、どれがいいか分からず3枚とも買いました。正直これは失敗だったかなー。
帰ってきてから知ったんですが旧譜のネクラロイドのつくりかたもあったらしいのでそっちが欲しかったです。あとブースに居た女性の片割れが野良いぬさんだったのを知らずあまり見ていなかったので、うわーちゃんと見ていれば良かったって帰ってから後悔しました。
西沢さんPのとこは一昨年と同じく西沢さんPさんとべてさんがいました。新譜と旧譜購入。
アトリアの鋲螺はmonacaさんのブースだったので購入。CD自体は何なのかよく分かってなかったんですが、フリーゲームのサウンドトラックなんですね。
劇場舞台裏は、ニコニコに投稿されたショートPV企画の設定本です。一昨年Not-116さんらがAviUtl本を頒布していたのを知らず会場で買えなかったので、特段欲しかったわけではないですが「今年こそ動画関連の頒布物を買わねば」という使命感で買いました。

 

2日目は、1日目にあまりお話したりできなかったなと思いちょっと積極的にサインを頂きにいったり。

バルーンさんのとこ、めちゃくちゃ並んでました。最後尾の札を前に並んでる人から受け取って自分で持つやつ、話には聞いていたものの初めて体験しました。
前にTwitterでアボガドさんがスケブ受け付けますって言ってたので、それのためにスケブ買って持って行ってたんですよね。でもさすがにめちゃくちゃ人並んでるので今は頼めないなとスケブは一旦断念しfacsimileとMarbleとおばけカタログを購入することに。
ブースにはバルーンさんと有機酸さんとアボガド6さんの3人がいて、列は2列でした。最初左側の列に並んでいたのですが、途中で「ん?これ左にいるのがバルーンさんで右がアボガドさんでは?」と、3人の顔が分からないながら思いました。
「あとでスケブお願いして良いですか?」的なこと言いたいなと思い、右の列に並んでる方に場所変わってもらって良いですかと声を掛けて変わってもらいました。…が、結果的に右に居たのは有機酸さんでした…。アボガドさんは後ろの方でCD出したりしてました。勘が外れました。
物はその時買ったのですが、アボガドさんにスケブを描いて頂くべく、列が空いたであろう昼過ぎにもう一度行きました。
列は解消されてたのでスケブを持って行くも…バルーンさんに「もうスケブ受け付け終わっちゃったんですよ」と言われてしまいました…。Twitterで何も言っていなかったのでいけるかなと思ったんですが…。空いてるタイミングと受け付け終了の見極めが難しいですね。
結局Marbleのジャケットにバルーンさんとアボガドさんのサインを頂きました。
buzzGさんはその隣のブースで。buzzGさんって僕の中では超大手なイメージだったんですけど、隣との差を見てなぜか悲しくなりました…。
ブースに行った時buzzGさん自体は来場者の方(?)とお話し中で、売り子の方から新譜購入。テーブルの上にサインペン置いてあったのでこれはサインもらえるやつだなと判断し、お話終わるかなー?とCDのビニール剥きながら待機。結局話は終わらず、buzzGさんが待ってるのに気が付いたくれサインを頂きました。
YMさんは新譜購入。新譜は知ってたものの、先着でデモCDもらえるのを知りませんでした。先着に間に合ったらしく頂けました。新譜の歌詞カードのとこにサイン頂きました。
ジャケットが全体的にイラスト付きでどこに書いてもらった良いのだろうとやってたら「最後のページのとこ余白あるのでそこに書きましょうか」って言っていただけました。
ぬゆりさんのとこは他にくらげPさんと烏屋茶房さんがいらっしゃって、若干並びました。どなたがどなたか分からず並んだらくらげPさんのとこでした。目当てがぬゆりさんの新譜と旧譜だったので「ぬゆりさんのください」って言うのが申し訳なかったです。ドンツーミュージックも見つけたので購入。
後で列が解消されたあたりでぬゆりさんにサインもらいに行って、有象偶像のケースに書いて頂きました。
瀬名航さんのせなのおとも、ジャケットのとこにサイン頂きました。
risouさんのフラワーガールも購入。サイン受け付けますとTwitterで言っていたので、「ちょまいよさんとのコラボが好きです」と伝えつつせっかく持って行ったスケブにサイン頂きました。
卓球少年さんはノーマークだったものの、会場でブースを見つけたので購入。卓球少年さん、動物の口が書いてある可愛いマスクしてました。
*菜乃さんのとこでは*菜乃さんのCDと超ボマス3点セット(あやぽんずさんとレジさんとのコラボクリアファイル、同じくバッジ、同じくICカードステッカー)を購入しました。
顔を存じ上げなかったのですが、事前にTwitterで「コンタクトがないので眼鏡をかけている」と言ってました。ブースを探してたら(その周辺、ブース番号を掲げてるブースが少なかったんです)それらしい人を発見。と言っても眼鏡かけてる女性、というだけだったんですけど。
その方が、とてもお太りになられてる方だったんですね。「うわーー現実は厳しいな」と思ってそこの列に並ぼうとしたらブースの番号が違う。
そこはルートファイブのどなたかのブースで、その方は売り子の方でした。良かったです。救われました。
ちゃんとしたブースの方はそんなに並んでなかったです。菜乃さんのとこに行って購入。それからスケブにサインも頂きました。
「先着でサイン入りポストカードプレゼント」と告知されていたのでもしかしてサインは断られるのでは、と思っていたのですが大丈夫でした。
生放送にも何度かお邪魔してるのでもしかして名乗れば分かって頂ける…?いや覚えてるわけないか…?と思った末、サインを頂くときに「名前も書いてもらっていいですか」と言い自然に名乗ることに成功。まぁ案の定覚えられてはなかったですけど。

そんな感じでした。
次回以降に活かせそうな学んだ事として、「サイン書いてもらうときに名前も書いてと言えば相手が覚えてるかどうか気にすることなく名乗れる」「基本的にお金はぴったり持って行った方が良いが、他に人が並んでいない時はあえて大きめのお金を持って行くことで『お釣りを受け取る』というやり取りができるのでお得(?)」という。

 

ボマスに並び楽しみにしていたボカニコ。
1日目はこん谷さんの途中から、ダルビッシュPさん、GYARIさん、ささくれさん、ピノキオピーさん、鬱Pさんを見た後、飛んでラストのナユタンさんを見ました。
2日目はATOLSさんときくおさん見ました。

12時からのこん谷さんに間に合うよう行こうと会場に向かっている途中でペンライト買い忘れてることに気が付きました。
前回行った際に周りの人がペンライトを持っていて良いなーと思っていて、今年は物販で買ってから行くつもりだったのを忘れてました。
急いでHALL6の物販へ。
ところで、お金足りなくなるだろうなと思って銀行のキャッシュカードを持って行ってたんですよね。
たまたまなんですけど、口座持ってる銀行が三井住友銀行で、そのキャッシュカードを持って行くと物販で優先的に買えたんです。なので物販そこそこ並んでる中、3人分しか並ばずにペンライト買えました。やったー!。
来年も三井住友銀行さんが協賛しててくれるとありがたいですお願いします。

こん谷さんを見てる時は正面後方あたりにいました。ダルビッシュPさんのとこで割と列が進み前の方へ。
ダルビッシュPさんをあまり知らないので正直ボカニコとしては微妙でした…。パフォーマンスが演奏してみた系な気がします。位置的に演奏してるのが見やすかったのは良かったです。
GYARIさんのときは、GYARIさん右の方のキーボードのところにいて、正面当たりの僕からはほぼ見えませんでした。なのでモニターの方見てました。
ささくれさんはとても良かったです。雨の音バックにささくれさんがパッド叩いてるとこでうおーーってなりました。会場全体でオハヨーハヨーするのが楽しかったです。
ピノキオピーさんは顔出しするんかーいってなりました。一昨年見た時と同じスタイルだったのでそんな感じかと思ったら、始まって早々お面ずらしてびっくりでした。
後で調べたら以前のライブの時から顔出し解禁してたんですね。
ピノキオピーさん終わりあたりで前から5列目ぐらいに来れました。
鬱Pさんはもう期待通り最高でした。いつものシャウトゴリゴリみたいなやつでなくて、クラブリミックス的なものがとても良いです。
ナユタンさんはとても残念でしたね…。りりりちゃんは知ってましたが、両脇のてぃ☆インさんは知らなかったのでお前誰だよ状態。
最初てぃ☆インさんのどちらかがナユタンさんなのかと思ってました。モニターに流れるコメントを見てどうやら違う人らしいと気付きました。
別件ですがナユタンさんのボカニコ出演はだいぶ前から発表されてたので、「ということはボマスにも出展するのでは」と思ってナユタン星からの物体Yを買ってなかったんですよね。
が、出展なかったので買わねば…という感じです。

 

2日目はATOLSさんからのきくおさんという素晴らしい流れを見る目的。
14:20からのATOLSさんの出番に間に合うよう、早めに行こうと思ったら嬉しい誤算が。

あす缶さん来場!!
しかもスケブ描いて頂けるとのこと。前日アボガドさんに描いて頂けなかったので、せっかく持って行ったスケブがサイン帳と化してたのでこれはぜひあす缶さんを探しに行かねば。
ATOLSさんのDJを多少犠牲にする可能性もあるものの、ボカニコは後でタイムシフトで見られる!あす缶さんは今行かないと会えないかも!と割り切りあす缶さん探しに。
このツイートを見た時はボカニコの会場であるHALL8にいたのですが、これから入場とのことだったので、すれ違いになるような気がしつつも画像のような格好の方がいないか探しつつ、入口のあるHALL1へ向かいます。
見つからないまま入口に着いてしまい、やっぱ無謀だったよなーと思っていたらこのツイート。

来た道を戻ります。
ボマスブースを探していたら、見つかりました。イラストが的確で見たら一発であす缶さんだって分かりました。茶色の服でした。
「あす缶さんですか…?」「さっきリプ送った者ですー」という感じで無事お会いできました。「女性だと思ってた」と言われました。
端の方に行ってスケブ描いて頂けました。写真載せて良いものなのか分からないので載せないでおきますが、ミクさんとリンちゃんが並んでいるイラストを、スケブの1ページ目に描いて頂きました。
なんか描いてる間どうしてたら良いんだろうってキョドキョドしてました。描いてるの見てたら緊張する…?でもそっぽ向いてるのも違うし…じっと見てるだけだとアレだから何か話した方が良い気も…。いやでも描いてる時に話しかけられたら集中できないから無言でいた方が…。
そんな感じでいたらサラサラっと終わりました。下書きとか無しで一発で描けるのすごいですね!!

多分このアンケ、「プリンカ男かーい」ってなってやったのではないかと。

 

結局ATOLSさんのは半分ほど遅刻して行けました。良かったです。
続くきくおさんも良かったです(語彙力)。

ボカニコ、示し合わせたわけではないのにペンライトの色が自然と合うの楽しいですね。
基本はネギに合わせて緑、例えばナユタンさんだったら青背景の曲なら青、赤背景の曲なら赤とか、ATOLSさんは青っぽい、きくおさんは毒々しい紫っぽいみたいな。

 

踊ってみたブースは、踊り手さんの中で唯一Twitterをフォローしているまやさんにお会いすべく行きました。

これを見て11:40頃に。他の方とお話されてたり写真撮ったりしていたのでちょっと遠くから様子を伺いつつ…。
事前に差し入れとして昆布買って、入場列に並んでる間に裏面に簡単なメッセージと名前を書いておいた(名乗ったところで分からないだろうなと思うので後で見てあーこの人かと思ってもらえたらなと)のでそれお渡しして、「石風呂さんの曲待ってます」と再三お伝えしてることを伝え、チェキもらいました。

この持ってる昆布多分僕のですね。
初めてお会いして直接お話できたので良かったです。

 

あと神社、ちょっと気になってたんですけど入れはしませんでしたね。
1日目はモニターちらっと見ただけなので列の様子は分からないのですが、2日目は「規制中」と書かれた看板持ってる方がいて、話を聞くと希望者が多すぎて不定期でじゃんけんを開催して勝った人が並べるようになったそうです。
にも関わらず、モニターも見えない男性側の列の近くに立ってる人が多数いて「あー並んでるつもりなんだろうなー」とちょっとかわいそうになりました。
あれ声だけ聞こえてお互い顔分からないのかと思ったら、普通に透明の板で仕切られてるだけなんだそうですね。

 

フードは29日に超サンド(卵&チーズ)と30日に超カレー食べました。
先述の通りSMBCのキャッシュカードを持っていたので、フードの200円引き券をもらえました。
ただ、これ使えるのHALL6だけなんですね。
29日のHALL11で使おうとしたらそう言われて使えませんでした。HALL6に移動しようかとも思いましたが、完全に食べる気でいたので我慢できずそのまま買いました。
11:30頃でしたが5人ぐらいしか並んでなかったです。

サンド
写真撮る前に食べてしまった。思ってたよりパンが固かったです…。

カレーは15:30頃、だいぶ終わりの方で食べました。ほぼ並ばず買えました。
入ってる具はこんな感じ。
カレー看板
ただ入ってる具はじゃがいもと、肉がほんの一欠けぐらいでほぼスープカレーでした。 カレー
食べながら生放送見てたらルーの追加してました。そのタイミングは販売を一旦止めてたので、もうちょい来るのが遅かったらだいぶ並んでたかも知れません。
去年は人参とか差し入れして遊んでたので、今年は食べられて良かったです。

フードコートではないですが、整理券をもらえたらマックフルーリーがもらえるやつ、2日間とももらえました。ザクザクで美味しかったです。
マックフルーリー

 

ニコニコ大百科はお手伝いで参加させていただきました!
1月頃にニコニコ大百科企画のボランティア募集を見かけ応募しました。
3月頃にメールで少しやり取りし、当日という感じでした。
その前にも記事立ち上げの仕事とかあったんですけど、いまいち大百科企画がどんなものか把握しておらず申し訳ないなと思いつつ何もせずにいました。

1日目は15時からお手伝い参加になっていたので時間ごろにブースに。
やる仕事大きく分けて2つあるんです。
1つ目はブースの表で記事の編集する仕事。
年表に付箋で貼り付けられたオレ歴史をニコニコのバージョンごとに立てられた記事に反映したり、MAPに貼り付けられた感想を各ホールの記事に反映したり。

こんな感じで生放送で配信されてました。パソコンを置くスペースが4台分。大百科の運営さんが用意したパソコンが2台、ボランティアが持参したパソコンが2台という感じ。
2つ目の仕事はブースの裏で、付箋にスタンプを押す仕事。
ただの正方形の付箋なので、それに枠のスタンプを押して表のテーブルに置きに行く。
ブース裏
僕はパソコンを持って来ていなかったので主にスタンプやってました。
後半の方は記事の編集も少し。
「ブースの裏」というのは年表の裏のとこですね。右側(時代が古い側)に入口があって、そこそこ広いスペースがありました。

ボランティアの人数は全部で30人ぐらい…?全員が常にいるわけではありませんが。
見た限り全員男性、思ってたより年齢層高かったです。10代らしき人は僕含め4人ぐらい。
時間一杯拘束されたりというわけでもなく、自由度が高かったです。
行きたいとこあったら声掛けてくれたら行って大丈夫だよという感じだったので、1日目のボカニコのナユタンさんのとこだけ抜けさせてもらったり。
あと、ハンドルネームで呼ばれるのが初めてで新感覚でした。
今まで面と向かって呼ばれるような機会がなかったので。
運営の人「名前は?」プリンカ「それって本名じゃなくてハンドルネーム言うやつですか…?」ってなりました。
参加者証
こういう「参加者パス」を首から下げ、大百科の腕章を付けます。

1日目、18時に超会議が終わった後もブースに残り撤収作業のお手伝い。
2日目の付箋が貼れるように付箋を間引いたり、記事にまだ反映してない付箋を剥がしてまとめたり。
年表は時期によって付箋の数に大分ばらつきがあったり、記事に反映するためにどの辺りの時期から剥がしたのかを付箋の裏に書いたり、貼られた付箋の数を反映済みのものも未反映のものもそれぞれ数を数えなきゃだったり、割と仕事たくさんでした。
20人ぐらいで1時間以上はやってました。
他のブースも打ち合わせとか反省会とか、向かいの演奏してみたブースではリハーサルやってたりとか。

その後大百科ブースメンバーで食事行くらしかったのですが、僕はちょっと予定あったので片付け終わったら抜けました。
僕以外全員が食事行く組だったので1人で会場を出なければならず。
ホール1にある、来場者が出入りするところは既に封鎖されてるので別のとこから出てねとのこと。
2F通路のとこから出られるかなと階段を上ってみるも、ドアに鍵がかかっていて出られず。
どこから出れば良いのかめちゃくちゃ焦りました。「終了時間過ぎても会場内をウロウロしてる来場者とかじゃないんです…ブースの参加者なんです…怪しい者じゃないです会場から出たいだけなんです…」と思いながら、参加者パスがちゃんと見えるようにしつつウロウロしてました。
青いシャツの運営さんにどこから出られますか…?と訊いたらトイレあるところの関係者通路に連れて行かれました。多分出演者さんの楽屋とかあるところです。
しかしその関係者通路の入口、僕が持ってる「イベント参加者」と書かれた参加者パスだと通れないみたいでした。入口のとこに紙が貼って合ってオレンジの参加者パスにバツ印が付けてありました。
次にホール3とホール4の間にある通路に連れて行ってもらいました。普通に出られました。よく考えたらそこから普通に出られたじゃんってなりました。
という感じで無事に会場出られました。

2日目は朝からのお手伝いだったので、開場より1時間早い9時に関係者入口より入れました。
開場前
開場前の写真です。
開場前に入ったので、開場ダッシュ(とそれを止める運営さん)を、ブースの準備をしながらですが内側から見られました。
作業内容は1日目と変わらずです。

終了後は撤収作業。
1日目は1時間以上かかりましたが、2日目は30分ぐらいで終わりました。翌日に付箋を残すこととかを考えなくてよいので楽でした。
ちなみに撤収作業は付箋剥がしたりパソコンのところのコード類を片付けたりで、壁の撤去とかはヘルメット被った業者さんがやります。
解体される恋愛神社ブース
解体される恋愛神社ブース等。
大百科看板
壁から降ろされた大百科ブース看板。

その後はアフターに混ぜてもらいました。
超年表ブースと、もう一個ニコつくで大百科が出してた「大墓(だいはっか)」ブースの方とも合流。

墓、1日目にブラブラ周ってる時に立ち寄って見てたんですけど、大百科の人がやってる企画だったのはこの時知りました。

 

30人ぐらいで海浜幕張駅近くの居酒屋さんへ。

大百科の編集者を(自分の編集したい記事を前に編集した人とか以外)あまり気にしたことがないのでどういう名前の方がいるか分からないながら、それでも「あー見た事ある。こんな人なのか」って人がちょいちょいいました。
特に自己紹介とかしなかったので名前が分からない方もいるのですが、皆さんネット古参の方が多くて話を聞いてて面白かったです。
僕が本格的にネットに触れたのは中学頃でしたが、インターネットというのが存在自体は物心ついたころには普及してて、当たり前の存在。
そうでなく後からインターネットが出てきた世代(かつ大百科をいじる程度にはネットに触れてる)の方々の話を直接聞くことがなかったので貴重な場でした。
大百科の編集者は多いでしょうが、こういうイベントに顔を出す人となると大体来る人は限られるようで以前から顔見知りの人が多いらしいです。
前述の通り30代〜ぐらいの方が多かったのですが、大百科自体はもっと年齢層広いんじゃないかとのこと。
「この人はこういう記事を作った人なんだよ」的な話もあったので、帰ってからハンドルネームで検索してその方が作成した記事を読んだりしました。
今まで動画のタグから大百科に飛ぶことが多かったのですが、こういう楽しみ方もあるんですね。

 


4月の記事ですが6月4日書き終わりました。
後の方に書いた部分は記憶が若干曖昧になるので書きにくいし、やたら長いので読みにくい感じですが書きたいこと書ききったと思います。
自己満足です。
これから5月のブログも書かなければ…。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Categories

Archives

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

PR

Twitter

Selected entries

Links

Search this site.

PR

Others

Mobile

qrcode